セサミンサプリ効果ランキング

セサミンで肝臓を健康に!

 

セサミンは高い抗酸化作用によって非常に期待をされている成分ですが、この働きによって肝臓の健康にも効果が期待できます。肝臓というのは人間にとって非常に重要な臓器の一つであり、それと共に食事やアルコール摂取などで影響を受けやすい臓器でもあります。肥満やアルコールの過剰摂取は肝炎・肝硬変・肝臓ガンといった病気に繋がりますし、さらに肝臓の病気というんは自覚症状が非常に少ないので日頃から気をつけておく必要があります。

 

では、セサミンが肝臓に対してどういう働きをするのかを知っておきましょう。人間にとって必要な活性酸素というものがありますが、この活性酸素は増えすぎるとマイナスの効果を人の身体に与えます。そのダメージは肝臓にも及ぶ事があり、活性酸素の増加によって肝臓の細胞にダメージを与えてしまいます。特に活性酸素が肝臓には発生しやすいのでいち早くダメージを受けてしまうということを知っておいてください。

 

肝臓というのは人間が生きていく上で必要な数百種類の役割を担っており、例えばアミノ酸・タンパク質のような成分の合成、アンモニアやヘモグロビンといった毒素の分解、その他にも数え切れない程の働きがあります。この働きが出来なくなると疲労や体調不良といったような身体の異常が見られるようになり、そのままにすれば肝臓の病気を引き起こしてしますでしょう。

 

こうならないように、高い抗酸化作用のあるセサミンを摂取することを推奨しますが、セサミンは活性酸素の増加を防ぎ、減少させる働きがありますので肝臓の活性酸素も抑制することができます。お酒を良く飲む方はセサミンで二日酔いにも効果がありますので、気になる方は定期的に摂取してみてはいかがでしょうか。

 

セサミンとビタミンEの関係性

 

セサミンは抗酸化作用が働くことで身体にとって様々な改善効果が期待できますが、実はビタミンEと併せて摂取することで更なる効果が期待できることを知っていますでしょうか。身体にとって必要な細菌を外部から守る活性酸素というものがありますが、これが必要以上に増加すると細胞を傷つけてしまい、肌の老化や生活習慣病などを引き起こしてしまいます。

 

この活性酸素を減少させてくれるのがセサミンの抗酸化作用になるのですが、さらにビタミンEと併せると高い抗酸化作用が働きます。ビタミンEだけでも若返りに効果のある抗酸化作用があると言われており、美肌効果や老化防止などに期待できるのですが、さらにセサミンによってビタミンEを保護することが出来ます。

 

これに関する実験も施されており、血液中のビタミンEの濃度を調べるとセサミンを主成分としているゴマリグナンの有無で2.5倍も違いが出るという結果になりました。よって、ビタミンEとセサミンの相性は非常によく、一緒に摂取することで血液中のビタミンEの濃度は高まるということになります。

 

抗酸化作用によるアンチエイジング効果、老化防止や美肌改善などはもちろんのこと、セサミンによる肝機能の向上、血液中のビタミンEの増加によって全身に栄養素が届き、健康面でも改善がみられるようになります。また日本動脈硬化学会によると、セサミンとビタミンEを併せた場合とセサミン単体の場合、コレステロール改善値の変化率はビタミンEを加えた方が高くなったと発表しています。それなりに信憑性のある結果がでているので、一度併用して摂取して効果の違いを感じてみてはいかがでしょうか。

更新情報・お知らせ

(2015/10/08)
セサミンに副作用はある?を更新しました